アユタヤ

ぼったくりに注意!アユタヤにある2つの象乗り場を徹底解説!

タイといえば象乗り

タイと言えば、象という印象を持っている方も多いですよね。

タイではそんな象と触れ合えるだけではなく、象乗り体験をしたり、さらには象使いの免許まで取ることもできます。

象使いの免許に興味のある方はこちらの記事を参考にしてください↓

https://yourtabi.com/tabithai/2019/04/03/elephant-licence-taikendan/

アユタヤで象に乗るには

バンコクから比較的アクセスがよく、世界遺産アユタヤ観光と合わせて象乗り体験ができるとあって、アユタヤはタイの中でも人気の象乗り体験の場所となっています。

そんなアユタヤには象乗り場が2カ所あります。

  1. アユタヤエレファントキャンプ(パレス)
  2. アユタヤエレファントビレッジ

↓地図でいうと以下のような位置関係になっています。

このようにエレファントキャンプはアユタヤの中心地にあり、エレファントビレッジは郊外の水上マーケットの近くに位置しています。

それぞれの象乗り場の特徴について紹介します。

アユタヤエレファントキャンプ(パレス)

特徴

アユタヤエレファントキャンプはアユタヤの中心地にあり、遺跡巡りの途中に立ち寄りやすい場所にあります。

そのため、象に乗りながら世界遺産である遺跡を巡るといった他の乗り場とは違った象乗り体験ができるのが特徴です。

エレファントパレスと呼ばれることもあります。

料金

象乗り料金は

  • 15分コース:400バーツ
  • 25分コーズ:500バーツ

の2つのコースがあります。

象に乗るのは意外と大変なので、個人的には15分のコースで十分満足できるのではないかと思います。

他に何ができるか

アユタヤエレファントキャンプでは、象乗り体験の他にも

  • 象へのエサやり体験:50バーツ
  • 象とのツーショット写真:40バーツ

ができます。

特に象とのツーショット写真の方は象が色々なポーズを決めてくれるのでおすすめです。

↓こんな写真が撮れます。

象乗りをしないで、写真だけでもOKです。

口コミ

実際にアユタヤエレファントキャンプを訪れた人の口コミをみてみましょう。(Googleのクチコミより引用)

タイを訪れた際はもちろんグルメや寺院、仏像巡りも定番だが、そこに象乗りも加えて頂きたい。

歩いて遺跡を眺めるのとは一味違う景色を楽しめる事でしょう。

最後に象さんが鼻を伸ばしてチップを求めてきたら、そっと50バーツ紙幣を差し出してあげましょう。

心なしか嬉しそうな表情で、長い鼻でしっかりと受け取ってくれます。

私の乗った象使いさんはテンションMAXに低っ!行きは、同じ象使いに棒で突っつくという可愛いイタズラしてたのに笑

話すこと無く、途中にチップの要求も無く、最後に象さんに20バーツを、あげる形でした。

ぼったくり?は一切ありませんでした。ただ流れ作業過ぎて気づいたら出口…なくらい流れが上手いです。

安く抑えたい方は、エサやり50バーツ、自分の携帯で写真撮影してもらえる、40バーツ、でいいかなと思います。

100バーツでお釣りがくるなら、最高の場所です‼︎

アユタヤエレファントキャンプ基本情報

・名前:「アユタヤエレファントキャンプ(パレス)」
・営業時間:8:30-16:30
・定休日:無休

アユタヤエレファントビレッジ

特徴

アユタヤエレファントビレッジは、アユタヤ中心地から離れた郊外に位置しています。

アユタヤ水上マーケットが近くにあります。

ここはぼったくりが多いと有名なので注意が必要です。

また、チップなどの要求も激しいです。

料金

こちらは決まった正規の値段はなく、金額は交渉になります。

はじめに言われる値段は30分で1200〜1500バーツ程度1時間で2000バーツです。
頑張って値下げ交渉をすると、15分500バーツくらいになります。

他に何ができるか

アユタヤエレファントビレッジでは象乗り体験の他にトラとの記念撮影ができます

決まった値段はなく、こちらも交渉になります。

トラとの写真だけだと頑張って交渉して200バーツくらいが相場です。

口コミ

実際にアユタヤエレファントキャンプを訪れた人の口コミをみてみましょう。(Googleのクチコミより引用)

30分以上のプランしかない、最低でも2000バーツとありえない金額提示。

私は子連れで、子供たちが象に乗るためにアユタヤに来たようなものだったので、とても迷いましたが、やはり高すぎる。

乗せて来たトゥクトゥクのドライバーにこの値段だと乗れないと交渉してもらい、20分500バーツにしてもらいました。

エレファントビレッジのスタッフは怖い顔で他の日本人にはこの価格の事は言うなとすごんできました。

象のドライバー(?というのか?)のチップの要求も激しく、交渉する勇気や元気がない方にはオススメしません。

ありえない!!ぼったくり!絶対行かないほうがいい、嫌な思いをするだけです!

アユタヤエレファントビレッジ基本情報

・名前:「アユタヤエレファントビレッジ」
・営業時間:8:30-17:30
・定休日:無休

どっちのエレファントキャンプがいいか

口コミをみてもわかるように、アユタヤで象乗り体験をするなら、エレファントキャンプの方がおすすめです。

エレファントビレッジは必ず値段交渉が必要で、最初の提示金額も非常に高いです。

象使いのチップ要求も激しく、中には1000バーツのチップを要求された方もいるようです。

象に乗るというのが目的なら、値段がはじめから決まっていて、遺跡の中を歩けるエレファントキャンプで間違いないです。

ただ、トラとの写真を撮りたいという方は、交渉覚悟でエレファントビレッジに行くのもありかもしれません

トゥクトゥク運転手に注意

アユタヤでトゥクトゥクをチャーターして象乗り場へ行こうと考えている方は注意してください

大抵のトゥクトゥクドライバーは象乗りというとエレファントビレッジの方に連れて行きます。

中には悪質なドライバーもいて、エレファントキャンプは今はやっていないからと言って、エレファントビレッジに連れて行くケースもあります。

おそらく、エレファントビレッジからマージンをもらっているのでしょう。

しっかり強気でエレファントキャンプへ行ってくれるよう交渉しましょう。

まとめ

以上、アユタヤでの象乗り体験について紹介しました。

アユタヤには「エレファントキャンプ」と「エレファントビレッジ」の2つの象乗り場があります。

象に乗るという目的であれば、迷わず「エレファントキャンプ」へ行きましょう

アユタヤはバンコクからもアクセスがよく、人気の象乗りスポットです。

思いっきり象乗り体験を楽しんでくださいね。

また、アユタヤの遺跡を周るならガイドに歴史を説明してもらいながら周った方が何倍も楽しいです。

こちらのツアーではメークロン線路市場とダムヌンサドゥアック水上マーケットに加え、世界遺産アユタヤを周れます↓
【1日観光】アユタヤ遺跡+象乗り+水上マーケット+メークロン線路市場